老けた印象を与える要因の筆頭ともいえる肌のたるみ

年を重ねるに従って起きるもの、というイメージは誰でも持っていると思いますが、どうして肌はたるんでしまうのでしょうか

よく「肌や身体がたるむのは重力の影響」と言われたりします。これは確かにそうですね。

私たちの身体は常に下へ下へと引っ張られているようなものなので、その影響を受けつづけていれば肌はたるむに違いありません


けれども、例えば生まれてから20年間重力の影響を

受けつづけたはずの20代の肌はどうでしょう

肌の様子に個人差はあるものの、たるみとは無縁な方が多いと思います。

そして30代になってもまだまだ大丈夫、という方がほとんどなはず。

ところが、30代後半から40代になると

ほぼ全員と言っていいほど女性は肌のたるみを感じます


つまり確かに肌は重力の影響を受けてはいますが、

最終的にたるみが起きるかどうかの決め手になるのは

肌の重力に耐えられる力を持っているかどうか、ということなのです

そして耐える力が年令とともに減少してしまうために肌のたるみは起こります


では耐える力とはなんのことなのでしょうか。

この力は、肌の弾力という言葉で言い換えることができます。

文字通り、若い頃は誰でも弾むような肌を持っていますね。

この肌の弾力が、エイジングによって失われていくわけですが

肌の弾力は「真皮層のコラーゲン」と深い関係があります


真皮層は肌を建物にたとえれば、いわば土台になっている部分です。

コラーゲンが質と量ともに良好な肌は土台がしっかりしているので

重力にも負けず水分をしっかり蓄えることができます

けれどもコラーゲンは、紫外線やフリーラジカル等の要因で、

年令とともにどんどん量が減少し、質も悪くなっていきます。

結果、土台がスカスカな建物が、崩れたりぐらついたりとトラブルを起こすのと同様

コラーゲンの減ってしまった肌はたるんでしまうのです





たるみの基礎知識